マルサンレシピ

トップ > レシピ > お菓子のレシピ > ピスタチオとドライクランベリーのタルト

ピスタチオとドライクランベリーのタルト by

アーモンドプードルを使用したクリームとは全く異なる味わいです♪緑色が引き立つよう、真っ白な無塩バター「ソシエル」を使用!

材料 (マトファータルトリング16cm1台分)

タルト生地

フィリング

仕上げ

ショッピングマーク マークの付いた材料は当ショップでご購入いただけます。

作り方

  • 1

    画像がありません

    ☆タルト生地を作ります☆ 薄力粉と強力粉を合わせてふるい、グラニュー糖と塩を加えて泡立て器で混ぜ合わせます【A】

  • 2

    冷えたままの固いバターを【A】に入れ、カードで小豆大くらいに刻みながら混ぜます。

  • 3

    バターが細かくなってきたら、指のはらを使って粉とすり混ぜていきます。

  • 4

    最後に両手のひらですり合わせるようにして混ぜ、粉が油脂を含み「粉チーズ」のような質感になればOKです!

  • 5

    溶き卵を少しずつ加え混ぜます。

  • 6

    生地をひとまとめにし、ラップに包んで冷蔵庫で1時間以上寝かせます。

  • 7

    ☆フィリングを作ります☆ ピスタチオプードルと薄力粉を合わせてふるいます。

  • 8

    画像がありません

    新しいボウルにソシエル(無塩マーガリン)を入れ、空気を含ませながら泡立て器で混ぜ合わせます【B】

  • 9

    画像がありません

    【B】に2回に分けて粉糖を加え、その都度しっかりとすり混ぜます【C】

  • 10

    【C】に2回に分けて卵白を加え、その都度しっかりと混ぜます。

  • 11

    画像がありません

    工程7のふるった粉類を加え、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせます。

  • 12

    ☆タルト生地を取り出します☆ 冷やしたタルト生地を冷蔵庫から取り出し3mmの厚さに伸ばし、タルトリングに敷きこみます。

  • 13

    ピケ(底をフォークで刺して穴をあける)して、生地を再度冷蔵庫で一休みさせます。

  • 14

    一休みさせたタルト生地に、刻んだドライクランベリー(分量外の薄力粉をまぶす)を散らします。

  • 15

    ピスタチオフィリングを絞り袋に詰め、渦巻きを描くように絞り出します。表面をカードで平らにならします。

  • 16

    画像がありません

    170℃に予熱しておいたオーブンで35~40分焼成します。

  • 17

    画像がありません

    ☆仕上げます☆ 粗熱が取れたら、ラム酒、水、はちみつをあわせてひと煮立ちさせたシロップを打ちます。

  • 18

    お好みでピスタチオを散らして完成です!

このレシピのポイント

タルト生地は「練らない」ことがザクザク食感を出すポイントです!
ピスタチオフィリングは、緑色とピスタチオの濃厚な味わいがポイント!白く、香りを主張しない無塩マーガリン「ソシエル」を使用すること、卵黄を使わないことで、ピスタチオをアピール!